学院歌

追手門学院歌

作詞監修:
今中 楓渓
作詞:
八束 周吉
作曲:
高木 和夫
一、
金城の いらかは高く 
青空は はてなく広し
相かざす 民主の旗に 新しく 国を築かん
重き責務(せめ) 心に刻み 健気(けなげ)にも 
吾らが学ぶ
(はえ)ある学院 吾らの学院 追手門(おうてもん)
二、
生駒ねの 狭霧(さぎり)ははれて 
旭日かげ 窓べを照らす
高薫(かお)る 文化の花に 新しく 国を築かん
うら若き 希望に燃えて ほがらかに 吾らが学ぶ
(はえ)ある学院 吾らの学院 追手門(おうてもん)
三、
(ほり)の水 しずかに澄みて 
松影を さやかにうつす
とことはの 平和をほぎつ 新しく 国を築かん
高走る 理想を逐いて つつましく 吾らが学ぶ
(はえ)ある学院 吾らの学院 追手門(おうてもん)