追手門学院のICT活用

追手門学院のICT活用

学習効率を高める ICT活用

一人1台のタブレットPCを持ち、授業中・課外・家庭学習など幅広い場面で使用します。e-learning教材の活用や、いつでもどこでも本が借りられる電子図書館の導入など、学習の最適化・効率化を実現。不慣れな生徒にもしっかり丁寧に指導していきます。

05

一人1台のタブレットPC

一人1台のタブレットPC

生徒は一人1台のschool tabletを持ち、授業中・課外・家庭学習など様々な場面で使用します。例えば、電子図書システム、G Suite for Education、スタディサプリなどを活用しています。

G Suite for Education

G Suite for Education

Googleが提供しているICT教育を実現するためのツールを学校生活全般において導入。school tabletを使用して、教員からの連絡を学年やクラス単位で一斉に行ったり、テストの実施・提出・採点・フィードバックを一貫して行うなど活用方法はさまざま。教員とのつながりや生徒同士のつながりを常に感じながら学校生活を送ってください。

スタディサプリ

5教科18科目、1万本以上の動画が視聴できる『スタディサプリ』を活用。「苦手を克服したい」「部活動と学習を効率よく両立したい」「もっとハイレベルな内容にチャレンジしたい」など、自分に合った内容を効果的に学習することができます。

キャリア・パスポート

オンラインで学習状況や成長過程を見える化する「キャリア・パスポート」を導入。長期的に自分の学びや考えを振り返りながら、将来の見通しを立てていきます。

電子図書システム
LibrariE(ライブラリエ)

電子図書システム
LibrariE(ライブラリエ)

365日24時間、いつでも本が借りられる電子図書システムを導入しました。school tabletやスマートフォン、パソコンから、読みたい本の検索・閲覧や調べ学習での活用など、ストリーミング方式で配信される電子書籍を借りて読むことが可能になりました。