グローバル教育

グローバル教育

地球市民としての
意識を根付かせ、
自ら行動できる力を。

真のグローバル教育とは、世界や地球のために何ができるかを考える教育のこと。6年間を通して地球規模の課題について学び、考え、解決のために自ら行動できる人材を育成。そのためのコミュニケーションツールとして、確かな英語力も習得します。

04

〈環境・平和・人権・市民〉ESDに基づく真のグローバル教育

〈環境・平和・人権・市民〉ESDに基づく真のグローバル教育

  1. 追手門学院ではESD(持続可能な開発のための教育)の視点でグローバル教育に取り組んでいます。ESDの対象となる環境教育、平和教育、人権教育、市民教育の4つを軸に各教科と連携し、それらの課題解決につながる新たな価値観や行動を生み出します。その象徴的な取り組みが、現代社会の課題に関する講演会の実施です。ゲスト講師を招いての講演会とワークショップを定期的に実施し、世界の人々とつながり、行動できる人材を育てます。

  2. ESDとは
    Education for Sustainable Developmentの略。地球規模の課題を自らの問題として捉え、身近なところから取り組むことにより、それらの課題解決につながる新しい価値観や行動力、人間性を養うこと。持続可能な社会の創造を目指す学習や活動を表しています。

関西の私立学校初! ハワイ大学との教育連携

関西の私立学校初! ハワイ大学との教育連携

2019年度よりスタートしたハワイ大学との教育連携。現地学生とのスカイプを活用した英会話の実践や、夏休みにおける異文化・平和・観光・海洋・地学などの探究講座を実施しています。また、追手門学院高等学校からハワイ大学カピオラニコミュニティカレッジ(Kapi'olani Community College)・2年制へ推薦入試制度によって進学できる接続教育もはじまり、2019年度は2名の学生が進学しました。

  • 英語が話せる、
    それだけで世界が広がる。

    様々な国籍の人との出会いや日本ではできない経験の数々が僕の価値観をガラリと変えてくれました。海外で有意義な時間を得るには、やはり英語力。対話することで違う視点で物事を見つめることができ、知識も感性も広がりました。

    鋤田 壮大さん(左)
    II類コース 2019年3月 卒業

  • 日本では得られない
    知識と経験、感動を。

    主に外国人留学生のための英語力特化クラスや現地の学生と一緒に受講するビジネスクラスで学んでいます。英語力はもちろん、自立して生きる力や自分の意思を伝える力が身につき、多文化を認め合いつながることの大切さを知りました。

    草刈 滉生さん(右)
    II類コース 2019年3月 卒業

日本で2校目!
スタンフォード大学での教育プログラム

世界各国から約600名の生徒が参加し、スタンフォード大学構内の寮で生活しながら、人文学・エンジニア・医学・ビジネスなどの授業やサンフランシスコの街を巡る校外学習に参加。コミュニケーション力、革新力、創造力を培います。

海外研修プログラム

留学[短期・中期・長期]
(希望者のみ)
  • 短期2週間
  • 中期3ヶ月
  • 長期1年
  • 渡航先オーストラリア、ニュージーランド など
シリコンバレー
インターンシップ
  • 学年高2(希望者のみ)
  • 期間2〜3週間
  • 渡航先アメリカ
オーストラリア
海外研修
  • 学年高2(希望者のみ)
  • 期間2週間
  • 渡航先オーストラリア

海外大学進学協定校推薦入試制度
[近畿日本ツーリスト協力]

米国大学を中心として欧米40校が協定校となっており、各大学の設ける成績基準を満たすことで、本校の推薦をもって協定大学への出願が可能です。一部返済不要の奨学金の対象となる大学もあります。この制度を使って2020年3月に卒業した生徒がアメリカのパシフィックルーセラン大学へ進学しています。

海国内英語・思考力養成プログラム
[エンパワーメントプログラム/ハーバード生SLICEプログラム]

世界のトップクラスの大学で学ぶ学生や、日本の一流大学・大学院に留学中の学生とのディスカッションやコミュニケーションから、自分の将来に何が必要かを考え、気付き、行動する。そんな成果を目指したプログラムです。

松田 らなさん

多様性を認め合い、共生することの大切さ。
松田 らなさん
I表現コミュニケーションコース 2020年3月卒業

10ヶ月間のアメリカ留学や学校でのグローバル教育を通じて実感したこと。それは、国籍や年齢、育った環境に関係なく、まず他者に興味を持ち、対話を深めて理解し合うことの大切さです。自分との違いに境界線を引くのではなく、違いを受け入れて協働すれば、きっと新しい何かが生まれるはず。追手門学院には国際的な視野を養う多彩なプログラムがあります。一緒に色んなことに挑戦しましょう!