特選SS

難関国公立大学
受験力を保証!

大学入学から逆算した学習スケジュールでハイレベルな授業を展開

学びポイント

  1. 01

    ハイレベルで質の高い
    授業とアクティブラーニング型授業の実施
    授業レベルは高く、進度は速いですが、2年次からは文理に分かれ少人数の授業となり、到達度を確認しながら進んでいきます。授業終了後のリフレクションを通じて、学習状況の到達度や生徒の変化に素早く対応していきます。また、アクティブラーニング型授業を同時に実践していくことで、主体的に取り込む姿勢を育み、思考力や判断力、表現力といった活用力も並行して育んでいきます。
  2. 02

    企業や大学と連携した
    プログラムを実施(全国大会に3年連続出場!)
    協賛企業から出された課題について、自ら感じ、考え、アイデアをチームでまとめ、プレゼンテーションする学習プログラム「クエストエデュケーションプログラム」や、企業や大学関係者を招いて行われるコース独自の成果発表会「プレゼンテーション@追手門」などのプログラムが充実しています。
  3. 03

    ICT機器を使った
    教育の充実
    1人1台、タブレット端末を購入していただきます。タブレット端末を用いて、家庭学習の進捗管理やモチベーションの向上、個別に課題を提供するなど家庭学習と個別学習の充実を図ります。

カリキュラム

左右にスライドできます

1年 2年 3年
文系 理系 文系 理系
国 語 6 8 5 7 4
地 歴 4 3 - 5 -
公 民 - 2 2 2 2
数 学 8 7 8 5 10
理 科 6 2 7 5 8
保健体育 3 4 4 2 2
芸 術 2 - - - -
外国語 7 6 6 7 7
家 庭 - - - 2 2
情 報 - 2 2 - -
総合学習 - 2 2 1 1
学習HR - - - - -
H R 1 1 1 1 1
総単位取得数 37 37 37 37 37

変更の可能性があります。

コース別Q&A

生徒の声
2年生 海澤 優花さん

2年生 海澤 優花さん

お互いに意識を
高め合うことで、
活発な学びが日常に。

授業では調べ学習やグループワークを効率よく行うためiPadを活用。能動的に学べる空間を全員でつくり、意識を高め合っています。
また、アクティブラーニングを通して、以前よりも自分の意見を進んで伝えられるようになりました。