表現
コミュニケーション
コース

Ⅱ類

身体をともなう表現
だからこそ得られる
「実感のある学び」
人間力を向上!

「表現コミュニケーション活動を通して人を育てる」という方針の下、2014年に新設したコース。「ドラマ的手法」を用いて人間形成教育を展開します。
3年間で週当たり24時間の独自授業を設け、専門家による本格的な指導を取り入れます。私立大学(文系)進学を目指し、カリキュラムを構築しています。

学びポイント

  1. 01

    表現の基礎基本、
    身体や自分のことを
    知る・学ぶ
    日々の授業を通して表現の基本となる身体を作ります。心とつながる身体を鍛えることで自分自身と向き合い、今の自分を知り、より良い自分へと導く力を付けます。
  2. 02

    プロのアーティストに
    学び、本格的な公演活動や
    校外実習を体験
    第一線で活躍するプロの演出家やダンサーの授業を受け、多様な価値観を知り視野を広げることができます。プロの劇作家・演出家・振付家と作品制作をして本格的な公演を体験したり、校外の福祉施設に出向いてダンスで交流する実習を行います。
  3. 03

    学びを通して培う人間力を
    武器に、希望の進路を実現
    表現を通してこれからの社会で求められる、人と協働する力や違う価値観をすり合わせて合意形成していく力を育成し、希望の進路へ導きます。
    過去の大学進学実績:明治大、関西大、甲南大、日本大、大阪芸術大など

カリキュラム

左右にスライドできます

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
1 化学基礎 表現特別 数学A 芸術 表現特別 保健
2 世界史A 表現特別 数学Ⅰ 芸術 表現特別 世界史A
3 表現特別 体育 国語総合B 物理基礎 数学Ⅰ 国語総合A
4 表現特別 数学Ⅰ 生物基礎 英語表現Ⅰ 国語総合B 化学基礎
5 物理基礎 コミュニケーション
英語Ⅰ
体育 表現特別 数学A -
6 コミュニケーション
英語Ⅰ
英語表現Ⅰ 保健 表現特別 国語総合A -
7 ホームルーム - コミュニケーション
英語Ⅰ
- 生物基礎 -

表現特別週8時間の表現授業を行いつつ、一般的な公立高校普通科並の教科授業の時間を確保しています。

コース別Q&A

  • 演劇やダンスばかりをするのですか?
    いいえ。表現の授業は1週間に37時間ある授業の中の8時間です。
    私立文系型のカリキュラムで先輩方は難関私立大学へも進学しています。
  • どんな進路に進んでいますか?
    俳優やダンサーを育てるコースではないので、全員4年制大学に進学しています。
    70%が人間や社会に関する大学へ、30%が演劇・舞踊・映像・音楽などの芸術系大学へ進学しています。
  • クラブ活動はできますか?
    できます。公演のための放課後の練習が公演2週間くらい前から始まりますが、それ以外の放課後はほぼ全員がクラブ活動をし、充実した高校生活を送っています。
生徒の声
2年生 岡本 絢美さん

2年生 岡本 絢美さん

多様な考え方にふれ、
自分の思考の幅も
広がりました。

演劇やダンスを通して感じたことを共有し、相手の感じたことを知ることで自分の考えの幅を広げるのが表現の授業。授業を受けるうちに、相手の考え方に興味を持つようになり、自分自身もしっかり考え判断して行動できるようになりました。