01

難関大学合格者が
年々増加

Reason01

新たな学びの実践により、年々難関大学合格者が増加しています。生徒一人ひとりの希望する将来やキャリアから志望校を定め、生徒と教員が一丸となって目標へと向かい、第一志望進路実現を約束します。

02

新大学入試に
対応した学び

Reason02

2020年度からはじまる新大学入試では、これまでのように知識や解法パターンを覚えるだけでなく、主体的・対話的な学びを通して得られる思考力や表現力、学び続ける人間性が問われます。

本校が実践する「個別・協働・プロジェクト型」の学びと、知識を確実に定着させる「リフレクション学習」は、新大学入試に完全対応した独自の教育メソッドです。

03

プラスの言葉で
日常が輝く

Reason03

毎日、クラスメイトの良いところを称えたり、日直を務めた生徒への感謝を表明したりと、教室の中を肯定的な表現で満たす「ほめことばシャワー・プラス」の時間を設けています。

仲間から認められることで、自分に自信がつき積極的に物事に取り組むことができるため、好評のプログラムです。

  • 仲間・クラスから認められる(承認)
  • 自分に自信を持つ
  • 積極的・前向きな姿勢
  • 「なれる自分」を広げる
  • 「なりたい自分」に成長

04

土曜日2時間の
超実践的プログラム
「探究授業」

Reason04

毎週土曜日2時間を探究授業に設定。教科の学びで得られる知識や視点をアウトプット活動に結びつけ、グループで試行錯誤を重ねながら、最終的には作品を作り上げて発表する「超」実践的教育プログラムです。

05

確かな
英語力が身につく

Reason05

日々の学習や行事を通して、英語の4技能(聞く、話す、読む、書く)をバランスよく身につけます。特選SSコースでは、音読とアウトプット活動を主軸に置き、英語授業のほとんどを英語で行う「Power English」、特進Sコースでは、音読や反復学習による基礎力強化に重点を置いた「Active English」を実施しています。

特選SSコース 英検準2級(高2修了レベル)の中学3年時の取得率