志の教育

志の教育

一人ひとりを大切にし、
豊かな人間性
高い志を育む。

一人ひとりを大切にし、
豊かな人間性
高い志を育む。

教育理念に基づく「志の教育」は追手門学院の使命です。一人ひとりの自己肯定感を高め、他者との関係性を深める多彩な取り組みを通して、人生をしなやかに切り拓く力を育てます。

03

活動/伝統の継承 新・郷中教育へ

活動/伝統の継承 新・郷中教育へ

異なる学年でつくりあげられる班の中で、生徒どうしが一緒に行動することによって、互いの学びを深める「活動」は、本学院創設者・高島鞆之助の出身である薩摩藩伝統の「郷中教育」という縦割り教育を基にしています。上級生が下級生をリードしながら、話し合ったり、行動を共にすることで、人間関係を築きながら、生徒の自己成長を図ります。

活動内容
  • 各行事での班活動
  • 清掃活動
  • 学習や生活、将来や進路についての話し合い
得られる力
  • 上級生のリーダーシップ育成
  • 下級生の協力姿勢の醸成
  • 学年を超えたつながり
  • 安心・安全な学校生活

歓送行事

追手門では学年を超えての活動が多く、つながりの深い先輩が卒業するとあって思いはひとしお。最後には、全校生徒がひとつの輪になって、卒業する3年生が一人ずつ後輩へ話をします。笑いあり涙ありの感動行事です。

歓送行事

クラス活動「志」

クラス活動「志」

一人ひとりがクラスや学年の「つながり」を大切にできるように様々な取り組みを行っています。追手門学院小学校での長きにわたる学院の歴史を学んだり、将来の社会の姿を話し合ったりすることで、少しずつ視野を広げていきます。
また、Project Adventureによる関係性の構築、抱負や行事の感想、頑張れたことなどの発表、友達の努力をみんなで讃える中でお互いを尊重する気持ちも醸成していきます。仲間から刺激と勇気をもらいながら、安心して学校生活を送ることができます。
自分の考えや思いをみんなの前で述べ、それを全員で大切にする風土が追手門にはあります。

新入生歓迎行事

新入生歓迎行事

入学後すぐに先輩たちと食事やレクリエーションを楽しむアットホームな行事。先輩たちと一緒に班活動をすることで、不安が安心と期待に変わります。

新入生歓迎行事

生徒会活動

生徒会活動

在校生に信任された生徒会役員を中心に、自主的な運営をテーマに活動。 特に文化祭では、高校の生徒会とも連携し、生徒どうしの学び合いを通じた成長を図ります。

生徒会活動

縦割り班活動

縦割り班活動

中1~中3の生徒で縦割り班活動(郷班)を構成し、行事や日常の清掃活動、読書の感想共有などの活動を定期的に行います。クラスや学年を超えた関係を築く大きな機会です。

縦割り班活動

進路特別講座
(高校2年生)

進路ガイダンスや大学の模擬授業を受講することで、学習意欲や進路・進学意識の向上を図り自ら進路を決めていく力を養います。

「志・第一志望」
宣言大会(高校2年生)

高校2年生の3学期を高3の0学期として、自身の『志』と『第一志望』の宣言を行います。進路実現はもちろん、「社会や人のため」という視点を織り込んだ『進路宣言』を行います。

卒業生公演会
(高校全学年)

講師に迎えるのは、国際NGOで活動する本学院の卒業生や現役の大学生など。生徒たち自身も、その生き方、志に触れ、自らの進路を見つめる貴重な機会となっています。

志プログラムの教育の成果

  • 生活習慣の確立
  • 生徒指導問題減少
  • 遅刻数の減少
  • いじめの減少

田村 仁

田村 仁さん特進Sコース 中3年生

互いを認め合える温かな関係性が生まれていく。

兄が追手門学院に通っている姿に憧れ、入学を決めました。この学校の一番の魅力と言えば「校風」ではないでしょうか。温かみのある明るい雰囲気で、同学年の仲の良さはもちろん、何か困ったことがあれば先輩にも気兼ねなく相談できます。日頃から生徒同士の交流を深める活動が多いため、こうした環境が自然と生まれるのでしょう。これからも仲間と団結し、一緒に成長していきたいです。

田村 仁さん特進Sコース 中3年生