探究(プロジェクト型学習)

探究(プロジェクト型学習)

知識を超えた
思考力を鍛える「探究学習」

知識を超えた
思考力を鍛える
「探究学習」

予測不能な時代に必要なのは「自ら課題を見つけ、考えて行動する力」です。まずは複雑な「自分を知る」ことから始めます。 それを大切にしながら、他者、社会へと視野を広げていきます。
探究で養う「学びに向かう力」「思考力」「表現力」は、 大学入学共通テストにも求められています。

02

ミレニアム・スクール教育連携協定

最先端の探究型教育を展開するミレニアム・スクールと教育連携協定を締結。Personal(自分は何者なのか)、Social(他者とどう関わっているのか)、Real world(実生活でどう行動するのか)を基軸に、社会性や対人関係構築スキルを習得します。

ミレニアム・スクールとは

カリフォルニア州サンフランシスコにある私立中学校で、1日の授業の半分以上をクエストと呼ばれる探究活動に費やすことで有名。最新の心理学や神経科学を取り入れながら、思春期の発達理論に基づき、常により良いアプローチを研究し続けています。

探究学習

毎週「探究科」の授業を平日に2時間設定し、長期にわたり継続的に学びます。仲間たちと共に新たな価値を創造する「志」を育む実践的教育プログラムです。教科の最も大きな目標は、生徒たちの自己肯定感を高めること。その中で、生徒たちには5つのマインドセット(無意識の思考や心理状態)を身につけてほしいと考えています。

まずはやってみるDRIVE

探究科の主なプログラム

探究科の主なプログラム

「楽しく学ぶ」「楽しく身につく」が探究科の最大の意義。表現力や発信力を養いながら、「アート思考」や「デザイン思考」を育むプロジェクト型体験プログラムを通じて、それぞれの価値観と目指す進路を見つけ出します。

谷内上 美好

「総合学習」より自由な「探究」で新たな発見や経験
谷内上 美好さん 
特進Sコース(中学在籍時)

3年間の集大成でもあるウェブサイト制作は、難しいこともたくさんありましたが、みんなの作品はとても興味深いものでした。意見を出した時も、先生は否定をせずに想像を広げてくれます。そのお陰で、前より自分をもっと表現できるようになりました。

プログラミング教育

プログラミングの基礎を学ぶことで、Webやロボットなど多彩な手法で自分の意見や発想を表現できるようになります。また、プログラミング的思考を養うことで、今後必要とされる基礎的なITスキルと課題解決力を身につけます。

プログラミング授業の実践例

  • 中学1年

    ロボットで課題解決

    レゴマインドストームを教材として活用。チームに分かれてロボットを組み立て、動かすという基礎的な流れを経験します。

  • 中学2年

    オリジナルのゲームを作る

    プログラミングソフトを使ってゲーム作りに挑戦。普段使用しているゲームやアプリの裏側を理解し、プログラミング的思考を強化します。

  • 中学3年

    Webサイトで世の中へ発信

    HTMLやCSSを用いたコーディングやデザインに取り組みます。プログラミングで自分の想いを表現し、3年間の学びや成果をWeb上で発信します。

サイエンスデイ

仮説検証プロセスとプログラミングを学ぶ3日間の宿泊キャンプです。あらかじめ設定された課題の解決に向け、実際にその現場を観察することや地域の人たちへの聞き取り調査を経て、課題の詳細を把握することから始めます。そして、プログラミングを用いて、試行錯誤しながら解決策を練り、最終日にはロボットやボートなど、形にしたもので解決へと向かいます。課題を解決するために必要な考え方やスキルの習得を目標とします。

顕微鏡を覗く生徒