School Topics

2018.05.11

フィンランドダンサーによるコンタクトインプロWS2018 ②

現代社会において失われた感覚を取り戻す

3日間行われたKatja Mustnenさんのコンタクトインプロワークショップが昨日無事終了しました。

3日目にはボディワークの他に、コンタクトインプロの創始者スティーブ・パクストン氏の創始当時の映像も見せていただきました。

身体の可能性を探る実験を繰り返す中で、コンタクトインプロができあがってきた歴史なども学ぶことができました。

最後のふり返りで ある生徒が、

「私はこれまで人の身体に触れるのも、自分の身体に触れられるのも嫌だと思っていましたが、この3日間で抵抗が少なくなりました。」

と述べると、

「身体接触は人間にとってとても大切な感覚ですが、現代社会ではその機会がどんどん少なくなっています。身体を通して他者の意志を感じるというダイレクトなコミュニケーションは、人が生きる上でとても大切なことです。」

とKatjaが説明してくれました。

4期生たちも真剣に話を聞いていました。
それぞれの発見を今後の学びに活かしていきましょう!

Kiitos! Katja !
(キートス!フィンランド語でありがとう!) 
⇦お互いにコンタクトして写真撮影!