高等学校 最新情報
INFORMATION

中期留学生の様子

中期留学報告<ニュージーランド>

 中期留学も残すところ1週間となりました。

オークランドに留学している4人の報告がきましたので、お知らせします。

 

尾上君

 「もともと英語ができると自信を持っていたけど、こっちに来たら自分の

ちっぽけさを痛感した。もっと英語が話せるようになりたい」と、この留学

を通じて、英語の大切さやいろんな国の文化、他言語についての造詣を深め

たようです。最近は、「どんな大学に行くべきだろうか?」と現地のスタッフ

さんに相談をするようになったそうです。さらに、「日本に帰ったら英語以

外にもう1つ、ロシア語か中国語も学びたい。Trilingualに近い人になりたい」

と言っています。帰国後の学校生活が楽しみですね!

 

吉川君

 今回の留学で一番心に残っているのが、「トラウマ級の迷子になったこと」

だそうで、オークランドから家にたどり着くまで6時間かかったのが、一番の

思い出だと語ってくれました。また、この経験から学んだことは、①わからな

ければ人に聞くこと、②ホストに連絡を入れること、③連絡手段を持つことだ

と教えてくれました。 学校でもローカルの友達が出来て、よくおしゃべりをす

るようになったそうです。自分の英語力が進歩したことも感じていると同時に、

お腹が痛くなったり、頭痛に悩まされた日々のことを思うと、精神的にも強なっ

てきた、と振り返っていました。

 

松山さん

 ホストファミリーにとても親切にしてもらっているようで、食事も気に入って

いるそうです。学校から帰ると、疲れて寝てしまうことが多いとのことですが、

ファミリーとの会話もあるし、家ではリラックスできているようです。学校での

様子について、数学のクラスで一番だったことを楽しそうに話してくれました。

また、帰国が近くなり、もっとオークランドに残り勉強したいという声ももらい

ました。

 

東本君

 とても楽しんで過ごされています。2月第三週目の週末に仕込んでおいた手打

ちうどんをお味噌汁と共にホストファミリーに御馳走して大成功で、皆が大喜び

だったことを満面の笑みで話してくれました。現地のスタッフさんがホストファ

ザーに会って家での様子を訊いたところ、やはり手打ちうどんがとても美味しく

家族全員の舌もお腹も満たしてくれたと大喜びされていました。日本の食を伝え

られるよう準備していって本当によかったですね。

 

 

Michinori 20170315 (1)Michinori 20170315 (2)Naoki 20170314DSC_0481NiinaW7school