新キャンパス 2019年4月開学予定!
NEW CAMPUS

新キャンパス 2019年4月開学予定! NEW CAMPUS

追手門学院創立130周年記念事業の一環として、茨木市東部において進んでいる「茨木スマートコミュニティプロジェクト」に参画し、一大文教地域の創造を目指して追手門学院の新キャンパスを整備します。
このうち、追手門学院中・高等学校は全面移転します。また、追手門学院大学も一部機能を移転し現キャンパスとの2キャンパス体制となります。
新キャンパス地は2018年春開業予定のJR総持寺駅から徒歩圏内(徒歩約10分)です。

「いつでも、どこでも学べる」新たな学びの空間!

成熟社会、ICT社会の中で、グローバル化の加速や人工知能(AI)の発達などにより、将来の予測が困難な時代を迎えています。今、学校はこれまでの「知識注入型」の教育から「自ら学び、得た知識を活用し、他者と協働して学ぶ」教育へと変化する必要があります。
つまり、授業の中で先生から教えてもらう“勉強”から、いつでもどこでも自ら学ぶ“新たな学び”が求められているのです。
2019年4月開設予定の新キャンパスでは、今までの学校のイメージを根本的に見直し、「いつでも、どこでも学べる学習空間」を実現します。

様々な情報や知識を収集するための
メディアライブラリー(仮称)
仲間と自在に学ぶ、
アクティブオープン教室・ラーニングスペース(仮称)

新キャンパス概要

住所 大阪府茨木市太田東芝町の一部
面積 64,400m²
活用予定 追手門学院中・高等学校の全機能の移転
追手門学院大学の2キャンパス化による機能拡充
開学目標 2019年4月開学を目標
新キャンパスマップ